ローンとクレジットと思うこと

クレジットカードやキャッシング、ローンについて思うことを気ままに独り言。ゆるゆる運営してますので、気長におつきあいいただけると嬉しいです。2006年末の貸金業法改正以降、急速に変化しているクレジットカードやローン業界。また、iD(アイディ)やQUICPay(クイックペイ)など非接触型の決済システムなどの新技術の導入や普及も進んでいますし、クレジットカードは公金支払いなど用途拡大も進んでいます。とにかくクレジットカードやローンは大きく動いています。そんな話題の尽きないクレジットカードやローンについて、大きい話題から小さな話題まで、最新情報とともに、忘れてはいけない重要なこと、なつかし情報を織り込みながらブツブツ独り言していきます。ごゆっくりどうぞ。

メイワン フレンズカードセゾン、仮想通貨の相談、など気まま

・メイワン フレンズカードセゾン・・・

浜松駅ビルのメイワンとセゾンカードが提携して発行するクレジットカードです。

ポイントを貯めるとUCギフトカードがもらえるんだとか。

さらに、セゾンだから西友・リヴィンで5%オフなどの特典もあります。

浜松周辺の人には要チェックなクレジットカードかもしれませんね。





・仮想通貨の相談・・・・・

国民センターにおける仮想通貨に関する相談が2017年度は大きく跳ね上がりました。

2017年度はビットコインの高騰や下落が話題になりました。

ネムの巨額流出も話題になりました。

大きな問題が起こっている足元で、話題にはならなくてもいろいろなトラブルがあったみたいです。





・デノミ・・・

通貨の桁数が大きくなりすぎると非常に不便です。

インフレなどの理由により、そういう事態があることも。

そんなとき、通貨のケタを見直すというのがデノミネーションです。

デノミは実質的に数字が変わるだけなので、切り下げ・切り上げ的な意味合いはないそうです。




続きを読む

京成ポイントカード、新品・所有にこだわらない消費、など気まま

・京成ポイントカード・・・

水戸京成百貨店と三菱UFJニコスがコラボしたクレジットカードです。

使うたびに京成ポイントがたまります。

海外アシスタンスサービスの窓口「ハローデスク」の利用もできます。

ネットショッピングも安心のNICOSネットセーフティサービスもついています。

そのほか保険も付帯した安心のカードのようです。






・新品・所有にこだわらない消費・・

昔は新品であることや、所有することが、消費活動では当たり前でした。

ちかごろその常識が変わってきています。

必要な時に借りるということや、中古を購入することが当たり前になっています。

カーシェアリングとか、中古住宅とかが人気なのにはそういう背景もあるのかな。






・過去のポンド・・・

昔のポンドには補助貨幣がいろいろありました。

1ポンドが20シリングです。

さらに240ペンスとも同じ価値です。

クラウン (crown)、フローリン (florin)、グロート (groat)、ギニー (guinea)などの補助貨幣もあったようです。

1クラウンは5シリング、1フローリンは2シリングなどです。



続きを読む

JCBプラチナ法人カード、仮想通貨の国際的連携、など気まま

・JCBプラチナ法人カード・・・・

ゴールドカードの上、プラチナカードの法人向けクレジットカードです。

その名の通り、JCBが発行します。

ゴールドサービスにプラスして、さらにプラチナ・コンシェルジュデスクや、プライオリティ・パスなどが付加されます。

法人だけじゃなく、個人事業主でも使えるのでした。





・仮想通貨の国際的連携・・・・

仮想通貨については国ごとに対応が異なります。

たとえば、中国や韓国は日本より厳しい規制が敷かれています。

欧州や米国は国や州ごとに対応がバラバラです。

規制が緩すぎる国があると、資金洗浄などに悪用されかねないので、国を超えた連携や整合性もも大事なのでした。






・国際通貨・・

米ドル、ユーロ、日本円、英ポンド、スイス・フランなどが国際通貨と呼ばれます。

国際取引や為替取引に多く用いられる通貨のことです。

特に米ドルは圧倒的に多いことでも知られます。

続いてユーロですね。

米ドルとユーロを合わせて世界二大通貨という呼び方もあるようです。




続きを読む

SAVE THE GREAT APES カード、ゆうちょ銀行と地銀、など気まま

・SAVE THE GREAT APES カード・・

「SAVE THE GREAT APES」は、アフリカに棲むゴリラたち類人猿を保護するために設立された基金です。

ショッピング利用金額の0.5%相当額を、「日本グレイトエイプス保護基金」へ寄付する仕組みのクレジットカードです。

ライフカードが発行しているカードのひとつです。






・ゆうちょ銀行と地銀・・・

ゆうちょ銀行と地銀の関係性は、かつては預貯金の獲得で、競争を繰り広げてきたライバルでした。

ところが、地域ファンドへの共同出資とか、ATMの連携では手をつないできた関係です。

貯金の限度額規制の撤廃が両者の関係の火種を抱えているのでした。

まだまだ関係性が読めないのでした。





・ポリマー紙幣・・・

紙ではない紙幣、ポリマー紙幣が登場しています。

合成樹脂を材料に使っています。

これは、セキュリティーの向上が、目的なんだとか。

ということは、紙の紙幣は徐々に姿を消していくことになるのでしょうか。

ちなみに、オーストラリアで発行されたのが最初だったそうです。




続きを読む

ヤマダLABIとANAとAMEX、仮想通貨とカード購入、など気まま

・ヤマダLABIとANAとAMEX・・・・

ヤマダLABI ANAマイレージクラブカードセゾン・アメリカン・エキスプレス・カード。

すごく長い名前のクレジットカードです。

長いのは特典の多さにもつながっているのかな。

ヤマダ電機での買い物もヤマダポイントと永久不滅ポイントがつくみたいです。

マイルもたまるし、すごいカードですね。





・仮想通貨とカード購入・・

ハイリスクの仮想通貨の購入にカードが使えないようにという措置が2018年3月表面化しています。

背景にはコインチェックでのNEMの大量流出や、仮想通貨の乱高下があります。

仮想通貨の価格上昇を見込んで借金してでも買うという人もいるため、その歯止めになるためのようです。





・紙幣・・

紙幣といえば、かんたんにコピーされては困るもの。

だから最新の印刷技術が使われているのでした。

技術だけじゃなくいろいろな工夫も盛り込まれています。

一般的に高額の現金を紙幣という形にします。

少額は硬貨ですね。

硬貨はがさばると重いですし、紙幣のほうが使いやすいです。



続きを読む

京急プレミア ポイント ゴールド、オートチャージで麻痺、など気まま

・京急プレミア ポイント ゴールド・・・・・

羽田空港の国際線旅客ターミナル免税店である「TIAT DUTY FREE SHOP CENTRAL」で10%割引などの特典があります。

羽田空港をよく使う人には見落とせないクレジットカードかもしれません。

三菱UFJニコスのクレジットカードのひとつです。

ポイントは京急プレミアポイントです。





・オートチャージで麻痺・・・・

オートチャージはあらかじめチャージが必要な電子マネーの機能のひとつです。

自動でクレジットカードや口座からチャージしてくれる機能です。

そのためチャージの手間がない分、気持ち的にも歯止めがきき難くなるようです。

だんだん金銭感覚がマヒしてきて使いすぎることもあるようです。






・硬貨・・・・・

硬貨って世界を見回すといろんな形のものがあります。

基本は円形なのですが、穴が開いていたり、縁がぎざぎざになっていたり。

縁が波打ったデザインのものもありました。

通貨は基本的に少額を示すものとして使われています。

キャッシュレスの時代には少しづつ存在感も消すのかな。




続きを読む

JCBゴールド法人カード、ビットコインの矛盾、など気まま

・JCBゴールド法人カード・・・

JCBの法人向けカードのゴールドカードです。

JCBカードなのでOki Dokiポイントです。

独自のポイント優待店でカードを利用するとOki Dokiボーナスポイントももらえるんだとか。

ゴールドカードには国内・海外航空機遅延保険などもあります。

各種保険の金額もアップします。





・ビットコインの矛盾・・・・・

仮想通貨のビットコインの価値が上昇したことでものすごい利益を得た人もいます。

一方で下落のときには損失も被った人も。

ところで、右肩上がりに価値があがるお金は、お金としての機能が全うできないという矛盾があります。

明日になれば価値があがるのに、手放す人はいないですよね。






・日本仮想通貨交換業協会・・・

一般社団法人として、2018年4月23日に発足しました。

仮想通貨業界において自主規制団体となって、自主規制ルールを公表していくようです。

仮想通貨交換業の登録を受けた16社が集まり発足となりました。

GMOコインや、ビットトレード、BTCボックス、ビットポイントジャパン、DMM Bitcoin、ビットアルゴなども参加しています。



続きを読む

龍馬カード、マウントゴックスと仮想通貨値上がり、など気まま

・龍馬カード・・

ライフカードが発行するクレジットカードのひとつです。

「坂本龍馬」をモチーフとしたデザインです。

利用代金の一部は坂本龍馬関連施設等へ顕彰活動の資金として寄付されるんだとか。

そして龍馬にちなんだオリジナル特典もあるみたい。

坂本龍馬ファンにはなかなかの一枚かもしれないですね。






・マウントゴックスと仮想通貨値上がり・・

破産手続き中のマウントゴックスの債権者への配当原資は、ビットコインの値上がりで追い風を受けました。

2017年9月以降での売却で債権総額の大半を充当したようです。

債権者にはいいことですね。

でも問題が起こっていなければ、普通にその分が利益だったんでしょうね。






・円切上げ・・・・

円切り上げといえば、1971年末に行われたものを指します。

ニクソン・ショックを発端にいろいろな連鎖した出来事が起こりました。

かつては1ドル=360円だった円も、もうそのままではいられなくなったのでした。

その後円高傾向が続いていって2011年には70円台ということもありました。




続きを読む

ラゾーナ川崎プラザカード、地域通貨とブロックチェーン、など気まま

・ラゾーナ川崎プラザカード・・

三井ショッピングパークポイントがたまるクレジットカードです。

ラゾーナ川崎プラザ、ららぽーとなどいろんなところで活躍することでしょう。

国際ブランドは、VISAかアメリカンエキスプレスです。

VISAのほうは年会費無料というのも魅力です。

セゾンだから永久不滅ポイントもたまります。






・地域通貨とブロックチェーン・・・・

ブロックチェーンの応用方法として地域通貨というのもあるみたい。

たとえばスマホで送金や支払いができる地域通貨です。

決済方法にもいろいろな工夫が盛り込めそうです。

顔認証で手ぶらで決済する方法とか。

普通にスマホのアプリを通じて決済する方法もあります。






・通貨危機・・・・

その国の通貨が信用を失うことで怒ります。

為替レートが落ち込んで、大変な事態となります。

その理由は財政の悪化などがあげられますが、それだけはなさそうです。

対処方法には、自国の通貨の買い支えがあります。

さらには、自国の通貨の切り下げという方法もあります。




続きを読む

キャセイパシフィックとAMEX、売れ筋ランキング、など気まま

・キャセイパシフィックとAMEX・・

キャセイパシフィックと、三菱UFJニコスと、アメリカン・エキスプレスがコラボしたクレジットカードがあります。

マイルを貯めるにはよさそうなクレジットカードです。

キャセイパシフィックは香港を拠点とする航空会社です。

プラチナカードだけに敷居は高いけど、その分使い勝手はよさそうです。





・売れ筋ランキング・・・・・

ショッピングで気になるのが、欲しいもののジャンルで何が売れているのかということ。

お店では販売員から聞くぐらいしかできないけど、ネットショッピングなら、ランキングが簡単に分ります。

さらに購入者のレビューなども確認できるのでライバル商品などを調べるのも楽なのでした。





・大きな支払いにカード・・・

金額の大きい支払いの場合には、現金支払いには不便があります。

持ち運ばないといけない事や、金額を数える手間もあります。

そのためか、大きい金額ほどクレジットカードなどの決済が使われているようです。

キャッシュレス比率はこういうところから広がるのかもしれないですね。




続きを読む
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

drecom_abcre

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ